2019年の始まり

明けましておめでとうございます。

と言うには遅すぎますが今年もよろしくお願いします。Tです。

2019年の抱負としましては、より社に貢献できるように自己を研鑽していきたいと思います。

また去年よりも良い一年に出来るよう努力していきたいです。

 

 

 

話が変わりますが、4月に元号が変わりますね。元号は過去のものを全て合わせて250個程あるそうですが、1979年に元号法が制定されたとき、その制定基準が以下のように示されたそうです。

ア 国民の理想としてふさわしくかつよい意味を持つものであること。
イ 漢字二字であること。
ウ 書きやすいこと。
エ 読みやすいこと。
オ これまでの元号や諡(おくりな)として用いられたものでないこと。
カ 俗用されているものではないこと。
オには、これまでの元号と同じ言葉ではいけないとありますが、これは中国で使われた元号も含まれます。また、「諡」というのは、天皇や皇后などが崩御したあとに贈られる称号のことだそうです。

他にも「M・T・S・H」の頭文字が被ると書類の記載に影響が出るのでその辺りも多分ないでしょう。

個人的な予想では・・・開栄(かいえい)ですかね。

繁栄の門が開いていくみたいな感じで(笑)

どのような年号であっても使っていけば慣れていくとは思うので、親しみやすい年号であることを祈りたいですね。

 

 

 

このページの先頭へ戻る